国光産業  
 
ホームへ 国光産業会社概要 ろうそくキャンドル商品情報 リンク アクセスマップ お問い合わせ
 
 
 
オリジナルキャンドルを作って見ませんか。
工程1 ロウを溶かす
ロウ(パラフィンワックス)を溶かす分量を小さな鍋に入れます。
湯煎用の鍋にお湯を張り、削ったロウを入れた鍋をかけ溶けるのを待ちます。この時温度を確認しながら75℃前後を保つようにします。あまり高温にならないように気お付けて下さい。
ロウ(パラフィンワックス)は、可燃性ですので絶対に直接火にかけないでください。湯煎で溶かして使用するようにしましょう。
直接火にかけますと引火する可能性があり、非常に危険です。
工程2 色・香りを付ける
ロウ(パラフィンワックス)が完全に溶けて透明になったら、一度取り出して水で濡れた布巾の上など安定した場所におき、色付けや香りつけをします。カラーブロック(いろのもと)、クレヨンなどをナイフで削り、ゆっくり混ぜてください。

工程3 糸芯を準備する

適度な長さの糸芯を溶けたロウ(パラフィンワックス)につけて取り出し、冷めたら糸芯を座金に取りつけます。
 
 
 
工程4 流し込む
キャンドルの型にロウ(パラフィンワックス)を流し込み、座金を付けた糸芯をキャンドルの型にいれ糸芯を立たせます。この時固定ピンセットか、代用品を使用します。割る前の割り箸に挟むのも手軽な方法です。
流し込むロウの温度により固まったときの収縮率が違います。温度が高温なほど、収縮率が高く(固まったとき真ん中がへこむ)まっすぐになるように何回かに分けて継ぎ足して行きます。また温度が低すぎると固まるときに表面に膜が出来シワが寄りやすくなります。 75℃前後を保つようにするのが良いようです。
完成
完全にワックスが冷えたら、型から取りだし、オリジナルキャンドルの完成です。


準備するもののページへ
このサイトは国光産業株式会社が運営しております。画像および文章の無断転載を固く禁じます。